妊活に重要な葉酸サプリを薬局で購入しました

友人の経験談で、妊娠したら妊娠線が出ることを聞き、怖くて諸々調べてみました。保湿することが大切と知り、安定期を過ぎると保湿効果の高いクリームを毎日毎日塗っていました。

一日に少なくとも2、3回は塗っていました。

結果的に何個のボディクリームを使ったのかも分からない程でした。

好みの香りのクリームを塗ることでリラックス効果もあったと思います。

その甲斐あって、二人産んだ今も妊娠線はありません。

切迫早産になり私が特に注意していた事は、とにかく体を冷やさない事です。

暑い夏でも必ず靴下を履き、足首を触ってみて冷えているときはレッグウォーマーも付けました。もちろん裸足にサンダルなどありえません。冬場には腰にカイロを貼り、つま先にもカイロを使っていました。夏によく冷えた飲み物が飲みたくても我慢して常温のものや暖かいものを飲むことを心がけていました。

妊婦さんでも、自身の体調や赤ちゃんの成長が順調であれば、担当医から軽い運動で体力をつけるように言われる人もいるでしょう。出産での体力の消耗は大変なものなので、妊娠中はできるだけ体力を付けておいたほうが良いのです。

また、体重増加を抑制する意味もあります。

とはいえ、何度も繰り返しお腹が張るなど安静にしなければならない人は、担当医の指示に従うようにして下さい。間違っても、運動は妊婦検診の経過が順調な人だけが行えるものです。結婚から2年後、そろそろ子供が欲しいと思っていた頃、新しい命を授かりました。
いわゆる女の感でしょうか。

生理が7~14日ずれることもあったのですが、この日はまだ遅れて5日目でした。ですが、いつもと何か違うなと思い、外出先で妊娠検査薬を使用したところ、陽性反応がくっきりと出ました!すぐに写真を撮って主人に見せたところ、驚きと喜びの言葉が!何より嬉しかったです!現在、ようやく8ヶ月まできました。

早くベビーに会いたいなぁ。妊娠8~10ヶ月はさらに大きなお腹へと成長し、些細なことでお腹が張ることもあるかと思います。
1時間に2.3回、痛みのない不規則な張りの場合は心配のいらない生理的なものであることがほとんどです。しかしこれが規則正しく張ってくる場合は注意を払ってください。

お腹に痛みがない場合でも、パターンを持った張りが長時間続く場合は本当に陣痛になってしまうことがあります。まだお腹のなかで赤ちゃんを育てたい時期なので、些細なことでも違和感を感じたら、いつでも病院に行けるようにしておきましょう。妊娠中は非常に太りやすくなります。先日、夫婦最後の旅行に行き、思いっきりハメを外し、ご馳走もたくさん食べてきました。
旅行から帰ると、3kgも出発前から増えています。

たった2日でここまで太ることなんてなかったので、驚きでした。

妊娠していないときは、多少食べ過ぎても翌日セーブしたらすぐに体重が戻りましたが、妊娠している間は違いました。食べなくても痩せないのです。栄養を取りつつ体重管理をするのは大変ですが、産まれてくるわが子のために頑張りたいと思います。妊娠中は太りやすくなるので体重管理のためにも程よく運動を取り入れる必要があります。調子の良い時にウォーキングなど軽い運動をしてみましょう。

また、ヨガなどのマタニティ美クスに参加するのも良いでしょう。しかし運動が必要といっても、体に負荷がかかりすぎるような無理な運動はしないで下さい。

「ちょっと疲れが抜けにくい」や「体調が中々良くならないな」少しでも感じたら、すぐに休憩を取りましょう。体に負荷がかからない程度の軽めの運動がおすすめです。

妊娠中で一番大切なことはストレスなく穏やかに過ごすことです。しかしつわりが酷く気分が暗くなったり、身体が思うように動けず怒りっぽくなりがちです。そんな気分を上げるために、好きなものを食べに行ったり、赤ちゃんの物を見にショッピングに行ったり、お天気の時はお散歩して外出したり体に負担が掛からないくらいに外出して気分を落ち着かせることがいいです。

船酔い状態な気持ち悪さが常に続くつわりの期間中、とにかく辛いですよね。
症状も期間も人それぞれですが、自分に合った対処法を見つけましょう。まずは、空腹になると気持ち悪さが増す、この時間帯は特につらいなどパターンを把握することで対策を立てることが出来ます。

お仕事をされている方の中には、どうしても仕事中に少し休憩させて欲しい時があるかもしれません。

まだ安定期に入らず言いにくいでしょうが、気配りをしてもらえるよう、話しやすい人で構わないので妊娠の報告しておくと良いでしょう。

妊娠している間の体重管理はけっこう大変です。食欲が出てこなくなる悪祖の人もいたり、食欲が普段より多くなるタイプの悪祖の方もいます。思わぬ速さで体重の増加が進んでしまったとき、お家でも楽チンに出来るやり方があります。

まず、お風呂でゆっくり温まりながら足の指から関節と見たら次々に右に10回、左に10回とまわすのです。

こうやって滞りやすいリンパの流れがスムーズになり、体重が増えることを防止します。なにがなんでも甘いものが食べたくなってきた時には寒天ゼリーやおから入りのツイーツを自分用に作製することがおススメです。
ファンケル葉酸サプリを飲んでいます


関連記事


ランキング