冬の乾燥にはフェイスマスクが手放せない

私の場合は産後に、顔全体に吹き出物のようなものがたくさん出来てしまいました。よく産前と産後で体質が違うという話を聞くことはありましたが、私の体にも変化が出るとは思ってもみませんでした。母乳だけで赤ちゃんを育てていたので薬を使ってしまうと場合によっては赤ちゃんに副作用が出てしまうと思ったので、保湿をたくさんすることにしました。

赤ちゃんのお世話で大変ですが、保湿の習慣をちゃんと守ったところ、顔面に沢山現れていたニキビのようなものは少しずつ良くなってきました。何よりも効果をはっきりと感じたのは、表情を作る顔の筋肉を意識的に動かすストレッチと筋トレです。顔の老化に対応するには、筋力の落ちた表情筋の筋肉量をアップさせることで、顔の皮膚にできてしまったシワも薄くなりツヤ肌に改善されたように感じます。表情筋のパーツを一つずつ意識しながら行うと、はっきりと効果を感じました。

いつまでも若々しくあるためには、最重要となるのは他人から見られる顔、そして首のシワをできる限り薄く目立たないものにすることではないでしょうか。

顔のシワやたるみを解消するのであれば、表情筋のトレーニングはとても効果的です。

道具もいらず、場所もとらず、思い出した時にすぐできるのがいいと思います。
私がスキンケアで最も大事に考えていることは、つけたスキンケア用品を肌に浸透させてから次のスキンケア用品を使うということです。
洗顔後にタオルで顔を優しく拭いてから、まずは化粧水を馴染ませます。次に美容液ですが、ここですぐに塗ろうとせずに初めの化粧水がきちんと肌に馴染むまで待つ必要があります。
化粧水が肌に馴染んだように感じたら美容液をつけます。化粧水と同様に、美容液も肌につけてからしばらく待ちます。美容液がお肌に吸収されたように感じたら仕上げに夜用保湿クリームを塗ります。

 

じっくりとスキンケアに時間を掛けてあげるとしっとりと潤いのあるお肌になりますよ~!頬が乾燥肌な一方で、額や鼻筋は油性肌…いわゆる混合肌というものですが、ズボラなお手入れをやめてお手入れの基礎とも言える「たっぷり泡でクルクル洗顔、保水と保湿はしっかりと」をきちんと念入りに、スピーディに行って改善しました。自分の肌の状態を理解した上で様々なスキンケア化粧品を収集することも大切かもしれませんが、それはあくまでも「基本ができている」からこそ出来ることなのだと痛感しました。たま~に基本を守らずに適当に済ませてしまうこともあるのですが、その後のお肌はもちろん乾燥&脂の混合肌です…常に「基本を大事に!」しましょうね☆30代になり、肌も年齢を感じさせるような状態になってきました。今こそエイジングケアを始めなくてはと、自分で顔のマッサージをするようになりました。
続けて、食事バランスに注目して不足しがちな栄養をサプリメントで補い、体内環境から若々しい肌でいるための方法を取るようにしました。これらの努力が実を結び、肌の状態は改善されてニキビも以前に比べて出来る回数が減り、一見すると垂れた肌が少し張りが出てきたように思います。肌の色も少し明るくなったので、老いていくお肌に早めのケアをしたからこその成果だと思っています。今年も冬の気配が近づいてきましたね…。冬季は寒さ対策だけでなくお肌の乾燥対策も注意が必要です。

 

潤ったお肌でこの冬を乗り越えるためにも進んで摂取して欲しい栄養素があります!それは「亜鉛」です。

亜鉛は体内では僅かしか存在しないミネラルですが、お肌、髪の毛、爪といった細胞の生まれ変わりの早いところで必要とされる重要なものなのです。
冬の旬である牡蠣にはもちろん、牛肉、レバー、たまご、チーズにも亜鉛はたくさん含まれているので進んで食事の中で取り込むようにしてみましょう。妊娠すると胎児の成長に伴って大きくなっていくお腹に妊娠線が残らないか気になるのではないでしょうか。
きちんとお腹や背中の肌に潤いを与えてやることが妊娠線予防に繋がります。いろんな種類の妊娠線クリームが販売されていて、ママの肌にも使えるように刺激の弱いものになっており成分も安心安全なもの構成されているので心配なく使うことができます。大きくなるお腹だけではなく、脂肪のつきやすいお尻~太ももにも妊娠線が出る可能性があるので、スポットではなく身体中を保湿ケアしてあげると体のあちこちに妊娠線ができてしまうのを防ぐことができます。妊娠中はつわりのせいであまり食事が取れませんでした。なので栄養も不足していたのかもしれませんが、とにかく肌荒れがひどかったです。
またホルモンバランスがおかしくなっているためなのか普段使っていた化粧品も合わなくて痒くなりました。

 

ひとまず肌に優しい成分で構成された敏感肌やアレルギー肌向けの化粧水にしたところ痒みも軽くなりました。
肌質の変化の他にシミができやすくなることも知っていたので赤ちゃんの肌にも使える日焼け止めを使うようにし、荒れた肌を日焼けから守ることに必死でした。

 

秋も終わりに近づき、寒くて仕方のない冬の到来が間近に迫る今日この頃。

冬特有の寒さと乾燥からお肌を守る準備、皆さんはもう済まされましたか?冬場は肌が乾燥しやすかったり敏感なタイプの方には嫌な季節ですよね。

 

まずスキンケアに大切なことはズバリ「保湿」です。どこでも見聞きする言葉ですが、冬場は特別保湿に努めましょう。
冬の寒さからお肌を守るために、例えばマスクやマフラーで顔を覆うようにしたり、スポーツで汗を流すのも効果的です。より効果的に保湿を目指すのなら、化粧水も”弱酸性”に切り替えるとなお良しです。

今年こそ透明感のあるマシュマロ肌を目指しましょう!女性のホルモンバランスは妊娠すると崩れてしまうため、お肌の乾燥は肌荒れが多く見られるようになります。フェイスマスクを買うならルルルンが口コミで人気

妊娠する前よりもしっかりと肌の保湿をすることが求められますが、妊娠中のママはお腹にできる「妊娠線」が一番気になりますよね。お腹が大きくなるのは胎児が大きくなっているからこそですが、その際に皮膚が柔軟に伸びることができなかったために亀裂が入るということなので、皮膚の傷である妊娠線を防止するには、きちんと保湿ケアをしてあげるだけでなく、皮膚が体型変化についていけるようにゆっくりと体重が増えるようにしなければなりません。


関連記事


ランキング