妊娠中は特にカンジダ感染症に注意が必要な時期です

高齢出産

女性の膣や子宮には雑菌を防ぐ、自浄作用というものが備わっています。しかし、妊娠中はホルモンバランスの変化やまた日常のストレスなどで自浄作用機能が低下しやすいです。さらに、悪阻がきついと体力も失われてしまい免疫力低下によるトラブルも現れてきます。

ですから、妊娠中は特にカンジダ感染症に注意が必要な時期です。
お産する際にカンジダに感染してしまっていると子供にも感染のリスクがあります。
切迫早産での入院生活は、常に安静にする必要があります。

妊娠期間中に金属アレルギーになった

私は妊娠期間中に金属アレルギーにかかりました。
妊娠初期に指にしていた結婚指輪の周りがかゆくなってきて、少ししたらはれあがってきました。病院に行ってみたら、肌が敏感になって金属アレルギーのようになっているということでした。
以来、指輪を指すことをしなくなりました。
妊娠期間中だけで、子供が生まれてからは状態は治まり、今は金属に皮膚がかぶれることはありません。妊娠しているとお肌が敏感になるみたいです。初めての妊娠は、戸惑うことが多く、不安な気持ちになってしまう事が毎日のようにありすぎますね?妊娠期間中を快適に過ごすには、穏やかな気持ちで居る事を大切にしよう。不安な気持ちばかりではママのお腹の中でお腹の外で会えるように一生懸命頑張っている赤ちゃんも不安になってしまいます。妊娠してお腹が大きくなると腰から下の方に痛みが出てきます。
サポートベルトのような物を腰に巻くと腰の痛みが和らぎます。

イライラから暴飲暴食

ストレスを溜めてしまうとイライラから暴飲暴食をしてしまったり、冷静な判断ができず危険な行動に出たり、心安らかに日々の生活ができなくなります。すると、母体に余計な負担をかけることになり、赤ちゃんにも悪影響を与える危険性があります。
出産は命がけの、人生の一大イベントです。
神経質になる必要はありませんが、身も心も準備万端で出産にのぞめるよう、ゆったりと心身を整えていきましょう。

常時点滴をし、ごはん、シャワー、トイレといった最低限の動き以外はベッドから動けません。また点滴(ウテメリン)には副作用があり、手の震え・動悸・息切れが辛かったです。

段々体は慣れてくるのですが…。
入院中は全くと言っていいほどすることがなく、大人向けの塗り絵、あみもの、パズル等で時間を過ごしていました。
妊娠中は、まず妊婦さん本人がストレスを溜めないことが赤ちゃんにとっても一番重要だと思います。
初産は特に未経験の身体の変化や生活環境に驚くことも多く、自分では気づかないうちにストレスがたまっていくと思います。

そんな中で、栄養や赤ちゃんのことを考えて健康に気遣うのは当然のことですが、無理をして行動、食事の内容に制限をかけることは逆に精神衛生上いいことは無いと思います。おすすめ葉酸サプリの口コミなどを確認して、サプリメントで栄養補給するのも賢し選択です。
まずはゆったりとした心持で過ごせることが大切だと思います。

 

 


関連記事


ランキング